【ポケモン剣盾】上位100位使用率ランキング シーズン7

使用率
スポンサーリンク

ソード・シールドS7 上位100位以内の使用率を集計したものです

  • ブログから集計(ぽけっとふぁんくしょん参照 7/4 20:30時点)
  • 同一人物の同一パーティも重複して集計
  • 集計対象数:65パーティ

本シーズンの過去シーズンとの変化点

  • 隠れ特性の「ゴリランダー」「エースバーン」「インテレオン」が解禁
  • DLC第1弾「鎧の孤島」解禁により教え技が解禁

ランキング

順位ポケモン名使用数使用率
1エースバーン42
64.62%
2ミミッキュ34
52.31%
3ドラパルト30
46.15%
4カバルドン
ゴリランダー
24
36.92%
6トゲキッス22
33.85%
7ラプラス19
29.23%
8ギャラドス18
27.69%
9ドリュウズ17
26.15%
10ナットレイ15
23.08%
11カビゴン14
21.54%
12アシレーヌ
ドヒドイデ
10
15.38%
14ヒヒダルマ氷9
13.85%
15ガオガエン8
12.31%
16ロトム炎6
9.23%
17アーマーガア
ピクシー
ジュラルドン
ウインディ
5
7.69%
21ロトム水
バンギラス
パッチラゴン
ロトム飛
ウォーグル
4
6.15%
26ギルガルド
ヌオー
ヌメルゴン
ニンフィア
34.62%
30リザードン
ホルード
エルフーン
ガマゲロゲ
オーロンゲ
ランクルス
セキタンザン
サニーゴ霊
ストリンダー
23.08%
39サザンドラ
ドサイドン
クレベース
シャワーズ
チラチーノ
モスノウ
ナマコブシ
エンニュート
ポットデス
マニューラ
ロトム氷
ゴチルゼル
ブルンゲル
バンバドロ
シルヴァディ
ネギガナイト
マホイップ
イエッサン♂
11.54%

隠れ特性の解禁によりエースバーンとゴリランダーの使用率が飛躍しました。

環境変化により増加したポケモン、減少したポケモンについて解説していきます。

スポンサーリンク

増加ポケモン

エースバーン

種族値:80 - 116 - 75 - 65 - 75 - 119

隠れ特性「リベロ」の登場により、環境の中心と化したポケモン

「へんげんじざい」と同様にすべての技がタイプ一致になるため高火力・広範囲のアタッカーになりました。

種族値的に物理アタッカー一択かと思われましたが、特殊技を採用した型や完全な特殊型も存在しています。またミラー意識で「カウンター」を採用した型も存在します。

おにび、ちょうはつ、ビルドアップなども使えるため攻撃技以外にも注意が必要です。

性格・持ち物・技の集計はこちら↓

上位プレイヤー エースバーン 性格・技・もちもの割合【シーズン7】

ゴリランダー

種族値:100 - 125 - 90 - 60 - 70 - 85

隠れ特性「グラスメイカー」と教え技「グラススライダー」の相性がよく、相手にフィールドを書き換えられなければ先制でタイプ一致威力70の攻撃ができます。

威力70 × タイプ一致1.5 × フィールド補正1.3 = 136.5(先制)

くさタイプは攻め・受け両方不遇なタイプですが、これだけの威力の先制技が可能であればさすがに使われます。

逆にここまでしないとくさタイプTOPに食い込めないことがわかりました。

「こだわりハチマキ」を持った火力を押し付ける型が多く、次点で「きあいのタスキ」を持った対面性能を高めた型が多いです。

「グラスシード」や「たべのこし」を持った型もいます。

性格・もちもの・技の集計はこちら↓

ゴリランダー 上位プレイヤー 性格・技・もちもの集計【シーズン7】

カバルドン

種族値:108 - 112 - 118 - 68 - 72 - 47

エースバーンに弱点をつかれない物理受けポケモン。

回復きのみを持たせた個体もいますが、アッキのみを持たせてより物理受けに特化させた個体が増加しました。

スピンロトム

種族値:50 - 65 - 107 - 105 - 107 - 86

エースバーンに対して強いアタッカー

従来までの「10まんボルト」などの電気技に加えて、「ライジングボルト」が新たに加わりました。

ロトムは特性浮遊のため、ダイマックスをしたときにフィールドの恩恵を受けられなかったのですが、ライジングボルトにより実質恩恵を受けているような形になります。

減少ポケモン

カビゴン

エースバーンに弱いという理由から使用率は半減しました。

前回使用率 43.48% → 今回使用率 21.54%

それでも使用率上位ポケモンであることには違いないので、まだまだ対策は必要かと思います。

ウォッシュロトム

ゴリランダーのグラススライダーで産業廃棄物と化します。

アイテム補正がなければ一応耐えられますが、ゴリランダーの登場で使いにくくなったのは事実です。

H振り 無補正グラススライダー(フィールド込み)  → 84~99.3%(確定2発)

第6世代で飛行弱点のポケモンに人権ないと言われたのを思い出しました。

しかし、草弱点の他のポケモンはまだまだ高い使用率を維持しているため、他のロトムが使われる場合が増えたと考えるべきなのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • リベロエースバーンが環境の中心に
  • ゴリランダーが隠れ特性、教え技で超強化
  • ウォッシュロトム・カビゴンの減少

管理人感想

僕はインテレオンを使います。

他シーズンのまとめ

コメント

Copied title and URL